【ミノカサゴ】飼育方法や注意点、餌など・・・

ミノカサゴ

一般的な飼育方法

適正水温:22~26℃

エサ:生餌・冷凍クリル・肉食性飼料

混泳:特徴的なヒレを持つため、他魚との接触には注意が必要。
ある程度の大きさがあって泳ぎの遅い種であれば混泳は問題ないが、小魚や小型のエビ類は捕食されてしまうので不可。

飼育難易度:
全体的にヒレが鋭く、背ビレには強い毒を持っているので、取り扱う際は注意が必要。
病気等には比較的強い。種類によっては最大で30cm以上に育つのものもいるので、90cm以上の水槽が好ましい。

餌付け難易度:
ショップなどで餌付けられていない場合、個体によっては人口飼料に餌付きづらいことがある。

非常に華やかな外見が特徴、肉食性なので水を汚しやすい。基本的に夜行性なので、昼間は目立たない場所でひっそりしている事が多い。

岩に身を寄せて休む習性があるので、大き目のライブロックを入れておくと落ち着きやすい。

水三輪的な飼育情報

非常に短期間しか飼育できていないため、『ミノカサゴ』に関する飼育情報はありません。

申し訳ございません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です