GEX製ヒーター故障で水温上昇事故!リコール対象外で…

いくつかの水槽用ヒーターでリコールが発生しているGEXですが、このたび私もGEX製ヒーターの故障により水温が過剰に上昇。何匹かの命を失う事になってしまいました…。しかもリコール対象外の製品で、です。

注意!)
当記事はGEXというメーカーに対する営業妨害を目的としているわけではありません。
事実をそのままお伝えし、他のアクアリストの方と情報共有することが目的です。

GEXセーフカバーヒートナビSH120

故障したGEXヒーター

これが今回故障したヒーター『GEX セーフカバーヒートナビ SH120』

温度可変式の一体型ヒーターです。

このセーフカバーヒートナビSHシリーズ、『ダイヤルの目盛・文字が灰色』のものはサーモスタット部が異常発熱する可能性があるとのことでリコール対象となっておりますが、『オレンジ色』のものはリコール対象外。つまりメーカーも「安全・問題無し」としている製品になります。

購入時すでに灰色モデルのリコールが発生していたのですが、「不具合を見直したうえで再販した同モデルならば、むしろ安心だろう」という事で購入。

GEX製品のリコールに関してはメーカーページにてご確認下さい。

リコールに関するメーカー公式ページ
GEX製品 点検・無償交換のお知らせ

朝イチの悲劇

いつもと変わらぬ朝。

いつものように顔を洗って仕事部屋(兼水槽部屋)へと向かい、いつものようにペタペタと水槽を1本1本触りながら仕事机へ。

・・・って、1本だけめっちゃ温かいんですけど!?

わたしゃ『水換え後にヒーターの電源を入れ忘れる』って事がたまにあるので、朝と夜に全ての水槽に直接触って(水温計を入れていないので)トラブルをチェックするのがルーティンなのですが、1つの水槽だけ異様に温かい…というかもはやアツい。

すぐに水温計を入れてみると、目盛りはグングン上昇し・・・

・・・・まさかの34℃!!

こりゃマズい!真夏にほったらかしにしていた水槽よりもアツい!!いそげっ!

…と慌てて氷(塩素中和済み・微塩分含む・非常事態用)を投入。とりあえず2℃ほど下げ、あとはクーラーを使用して少しづつ下げることに。

水温異常上昇

この水槽に入っていたのはエビ類アホみたいに育ったコンビクトブレニーツースポットブレニーウニ類、そしてムシロガイタカラガイなどの貝類。エビなんてただでさえ高水温に弱いのに…。

案の定、キャメルシュリンプはすでに虫の息。ムシロガイが集まってきているので間もなく息を引き取るようです。

しかもこの水槽、5年以上飼育してきたご長寿フシウデサンゴモエビも1匹入っていたのですよ。その彼も見当たりません。過剰に長生きだから「長老」と呼んで可愛がっていたのに…。

結局、水温を26℃まで戻した時点で

  • キャメルシュリンプ 全滅
  • 長老フシウデサンゴモエビ 行方不明
  • コンビクトブレニー 衰弱
  • ウニ類 衰弱

という状況が確認できました。その他は今のところ問題ないようです。

まさかこんなことで長老を失うとは…(泣)

なお、セーフカバーヒートナビSHシリーズは可変式なのでダイヤルで設定温度を変えられますが、それが30℃超えになっていた…なんてアホなミスはもちろんありません。目盛は25℃になっていることを確認しています。

ヒーターの耐用年数

水槽用ヒーターは消耗品。

耐用年数があり、メーカーでは『1年』を目安に交換が推奨されております。

今回故障した『GEX セーフカバーヒートナビ SH120』の購入日から使用年数を調べたところ『約6ヵ月』でした。

一般的に「海水での使用は寿命が半分になる」と言われており、コトブキ製ヒーターなどは『耐用年数 淡水1年:海水6ヵ月』と明記されています。

今回のGEX製品は「淡水用・海水用」との表示だけで耐用年数に関して個別の記載はありませんでしたが、「だったら海水でも1年だろ!」と文句をつける気はありません。

ぶっちゃけ多くのヒーターが海水でも5~6年使えたりするので心情的にはアレですが、それはあくまでも例外。6ヵ月という使用期間を考慮すれば今回の件に関してメーカーを責めることはできないでしょう。

ただ、Twitter等のSNSでも「GEXヒーターによる煮魚事故」の報告は何度も目にしましたし、ヒーターのリコールも他社に比べて多く発生しています。GEXは電気系が弱いという話もアクア仲間から耳にしたことがあります。

GEXヒーター煮魚事故・あとがき

さてさて…ヘコみますなぁ。

ヒーターのトラブルって、そのほとんどが『温まらなくなる』だったりするじゃないですか。

朝にチェックしたら水温が20℃切っていた…ということは私も過去に何度か経験していますし。

しかし『温度がアホみたいに上昇し続ける』という故障は低温以上に被害が大きいのでホント勘弁していただきたい。

繰り返しますが、決してGEXというメーカーを批判するわけではありません。現在もフィルターやその他の製品を多数愛用させていただいていますし。

単純に『GEX製ヒーターを海水で使用したら約6ヵ月で故障。水温が異常上昇してジェノサイドになった』という体験談です。

さらに言えば『水槽用ヒーターは耐用年数に余裕を持って交換しようね!』というお話でもあります。

まぁ立場を気にせず言いたいこと言わせてもらえば、

いやいや、1年以内でぶっ壊れるってそうそうある話じゃないだろ!?
コト〇キやニッ〇ーのヒーターは海水でも全て5年以上使えているぞ!?

…とは思いますけど。

追記

後ほどバケツに水を入れて点検したところ、目盛20℃設定で水温30℃超え。それでもまだヒーターは加熱中。
今回は少な目のヒーター容量(120wで60cm水槽)でしたが、これがメーカー推奨のようにワット数に余裕をもたせていたらと思うと…。

GEXのヒーターは【コンパクト・安価・縦設置も可能】と魅力も多いので、今後は安心・安全な製品が展開されてくることを心より願っております。

そしてなんと長老フシウデサンゴモエビが無事発見されました。美味しそうに被害に遭ったキャメルシュリンプを食っております(笑)
まさに超人、いや超海老か・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です